Duga単品

藍色なぎ 私のどこが好き?って聞くと『おま●こ』

藍色なぎ            女優 Duga単品

藍色なぎ 私のどこが好き?って聞くと『おま●こ』レビュー

対応デバイス: パソコン、iPhone/iPad、Android、Chromecast、Amazon Fire TV端末、Apple TV、テレビ、PS5™/PS4®Pro/PS4®

2020/05/02 時間: 131分 女優: 藍色なぎ
監督: 金田一小五郎

シリーズ: 私のどこが好き?って聞くと『おま●こ』って即答する彼に毎朝クンニで起こされる舐められ同棲生活

メーカー: ドリームチケット

ジャンル: ハイビジョン 単体作品 辱め 潮吹き 指マン クンニ 美少女

「洗う前の味が良いね(笑)」とアナタが言うから…今日が私のクンニ記念日♪【寝ている彼女を早朝クンニ】寝入る彼女の布団をめくってまだスヤスヤ眠る彼女のマン筋食い込みを凝視しつつパンツの上からベロベロに舐め上げてから、濃く生い茂る陰毛をねちっこく舐り弄り、突起したクリと内襞まで舐め吸い捲ってエビ反りアクメへと誘う、寝起きドッキリクンニ。【トイレ後のクンニと潮吹きSEX】彼女がトイレに入った後を追い携帯電話で撮影してから、パンツを奪って匂いを嗅いで辱めた後に尿道を拭く間も与えずクンニ。手マン潮吹きでオマンコから垂れたマン汁を綺麗に舐め尽くしつつ挿入するガン突きピストンFUCK。全5編収録。

藍色なぎ 私のどこが好き?って聞くと『おま●こ』口コミ

無垢で清純そうな印象の女の子が始終男の愛撫を求め続け、外見から想像もできないほどエロくて好きモノな姿を見せ続けるギャップが良かったです。
求められることが嬉しくて仕方がないって感じのリアクションも可愛らしいばかりか、もしかしたらこの子はこの男しか知らないんじゃないか?って想像を掻き立てます。なによりセックスで満たされているって感じが画面を通じて伝わってくるのがいいなぁと思います。

見ようによっては高貴な顔つきと黒々と生い茂った陰毛のギャップも卑猥で良いです。まるでセックスを感じさせないルックスの女の子がいざマ●コを舐められると途端にスケベな顔を覗かせるのはズルいです。彼女にとってのセックスとはこのことなんじゃないか?ってくらい始終クンニされ愛撫され続け、必然的に卑猥なマ●コをフォーカスした作りになっているのも堪りませんでした。
卑猥なんだけど下品じゃないという点は彼女の貴重なポテンシャルの為せる業でしょう。

クンニや愛撫に比べてやや分が悪いとはいえ、挿入シーンだってすこぶるエロいんです。愛液で濡れた陰毛の生い茂る卑猥なマ●コにおチ●ポをねじ込まれる様はそれ自体が卑猥ってこともありますが、自分でお尻を拡げてアナルまで見せつけながらピストンされてイキ崩れる姿に興奮しました。終始、可愛がられている感を醸し出しながらも、セックスなしじゃいられない感が伝わってくるのがダイレクトに効いてきます。

男の顔を手で寄せキスを求めるような愛くるしさも魅力的ですが、垣間見れるスケベな姿こそこの子の本性なんじゃないか?って気がします。

彼氏に「私のどこが好き?」って聞いたら「おまんこ」って即答…なんて正直な彼氏なんだろう(笑)。若いけど、失礼ながらおかめ顔の平安美人みたいなブ〇だもんなぁ。白肌だけど、メリハリ不足のボディで、下腹部にはかなり密林に近い漆黒の陰毛が、外陰部から股ぐらまで生え放題。その密集を掻き分けるように開くと、目にも鮮やかな肉色が傷口のように口を開けます。かなりのすけべっ娘らしく、じゅる舐めされると更に顔を歪めて悶絶し、透明の粘液を分泌しまくり。指ですくうと水飴のように糸を引きます。すすってもすすっても後からあとから湧いてくる分泌量の多さ。こういう娘は、きっとおまんこの臭いも強烈なんじゃないかなぁ。平安顔は、性感が昂まるほどに崩れがちになるので、目隠しかマスクでもして少しお顔を隠してあげるのがコツかも。淫貝が好物で獣のように貪るセックスに夢中な彼氏で倖せだね。

藍色なぎは大して美女ではないし、C級クラスですかね。でも私のどこか好き?と質問すると返ってきたのは『おマンコ!』と。藍色なぎは内心嬉しそうでしたね(笑)根っからのドスケベですね。彼の執拗なクンニで喘ぎまくる藍色なぎの剛毛おマンコはぱっくりと開きピンクでクリトリス勃起。そこをドアップする構図が最高でしたね。激ピストンで喘ぎまくる藍色なぎはアヘアヘ+マンコ痙攣。マジで勃起MAXさせるような作品でしたのでオススメかなと思います。

藍色なぎ AV女優

藍色なぎ AV女優

藍色なぎ AV女優

藍色なぎ AV女優

藍色なぎ AV女優

藍色なぎ AV女優

藍色なぎ AV女優

藍色なぎ AV女優

藍色なぎ AV女優

藍色なぎ AV女優

タイトルとURLをコピーしました